スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日夕、 大地震に見舞われたハイチへの人道復興支援として、現地で国連平和維持活動(PKO)に当たる国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)に陸上自衛隊の施設部隊を派遣する方針について、「工兵の人たちがですね、一番求められている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【政治とカネ】

 --民主党の小沢幹事長が、23日に東京地検特捜部の事情聴取に応じた後、記者会見を開いたが、首相はこれに納得し、国民の信頼回復が図れると思うか。小沢氏の幹事長続投を支持する考えに変わりはないか

 「小沢幹事長がいわゆる聴取に応じられたと。さらに、記者会見もしたと。きょうも定例(記者会見)されたと伺ってますけども、そういうことは、非常に良かったと思います。ただ、この内容に対してですね、私がコメントすることはやはり、控えなければならないと思っていますから、そのことに関してはコメントはいたしません。あと、何でしたっけ」

 --小沢幹事長の続投支持については

 「続投、まあ、私としては、今、言えることは、この捜査を見守っていくしかありませんから、その中で、現在は続投を支持しています」

 【米軍普天間飛行場移設問題】

 --米軍普天間飛行場の移設問題が焦点となった沖縄県名護市長選の結果を受けて、関係閣僚からは普天間飛行場の移設について、「現行案を排除しない」という発言が相次いでいるが、首相が今朝述べた「ゼロベース」の中に現行案は含まれているか

 「うん、これはもう、昨年の暮れに、この問題の検討委員会を立ち上げたと。それは、ゼロベースだと。ゼロベースってことは、あらゆる可能性を検討しようじゃないかと。そして、その中でベストを選ぼうじゃないかと、いう話ですから、当然、あらゆるものが入ってくるということで、理解を願いたい。当然、名護の市長選が行われて、稲嶺(進)さんが勝たれたと、それは県民と、あるいは、名護の市民のね、選択であったということは、それはそれとして、一つの意思だと受けとめる必要はあります。うん、ただ、今、申し上げたように、われわれとすれば、ゼロベースで臨んでいきたい。そして、ベストな選択をしたい、そう思ってます」

 --名護市長選の結果を受けても、首相として検討したり、検討委員会で検討したりした結果、現行案に落ち着く可能性もあるということか

 「それはゼロベースで最適なものを選びたいという中ですから、あらゆる可能性がまだ含まれているということで、それに尽きると理解願いたい」

 【ハイチ大地震】

 --ハイチの大地震で、PKOでの支援を近く決定するとのことだが、地震大国の日本として、生活再建や復興に、どのような形で支援していきたいか

 「これは、歴史的に、地震としての最大規模の被害に遭われたハイチの皆さん方、やはり、それこそ、住む家も失われた方々ばかり。こういう中で、日本として何ができるかということを考えて、PKO派遣を、これは社民党さんも、国民新党さんも理解をされて、できる限り早く出そうじゃないかということになりました。これは日本として、得意な分野というものをいろいろと考えていく必要があると思っております。今、それこそ、がれきですから、そのがれきを撤去して、そしてその上に、例えば住宅など建てるというような仕事を行う必要がありますから、いわゆる工兵の人たちがですね、一番求められているんじゃないかと思いますから、そういう方に行っていただこうと、そのように考えています」

【関連記事】
陸自施設部隊をPKO派遣へ 道路復旧など支援 ハイチ大地震
鳩山首相「党代表として結論出す」 小沢氏の参考人招致
小沢幹事長 議員辞職をも問う産経 毎・読は「理解得られぬ」
鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」

消費税率引き上げ、自民・谷垣氏が公約明記に意欲(読売新聞)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
広瀬遺跡 水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)
中3男子、マンションから飛び降り自殺か(読売新聞)
郵便不正事件 厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
スポンサーサイト

ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟-東京地裁(時事通信)

 不法に入国し、国外退去処分を受けた神奈川県のペルー人一家が処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、脳腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受けた高校1年の長男(16)に対する処分を取り消し、在留を認めた。両親と長女(12)については、請求を棄却した。
 長男は処分を受けた時は中学2年だった。原告側弁護士によると、処分時に中学生だった少年に判決が在留許可を認めるケースは異例という。
 杉原則彦裁判長は長男について、医療水準が高いと言えないペルーで適切な治療を受けることができるか非常に疑わしいと指摘。「人道的配慮から在留を特別に認める判断をすべきだ」とし、考慮せず退去処分としたのは重大な事実誤認があるとした。 

「同じ仕事なら、同じ待遇に」パートら切実春闘(読売新聞)
広瀬遺跡 水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」(産経新聞)
動物園のペンギン盗む、ペット店主がバッグに入れ(読売新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。